TOTさんから その弐 更なる進化を目指して。

  • 2012/01/15(日) 20:32:56

私はトマトも大好きで、良く噛まないと出たものが血便に見えて驚くことがあります。
やはり酸っぱいのでしょうね。
TOTさんは彼女さんとの交流を深めていった結果、黄金に傾倒されたようですが、ほかの女性のも食べてみたくなることはないのでしょうか。
浮気より罪深いものと思いますが、ふと自分をさらに鍛えてみたいとか、新たな角度から見つめ直してみたいということはあるのかなと思いました。
私は女性のお尻に顔を埋めているのが何より好きで、あまり彼女へのこだわりはなく、二人の女性から交互にしてもらい、区別できるか試してみるというのも経験があります。
もちろん、彼女を入れてそんなことをしたのではありません。
黄金の続き、楽しみにしております。
いずれ、彼女さんのレシピを公開してください。
たぶん女性読者の方もおられると思いますので、レシピには反響が来ることでしょう。
私もノーマルブログを持っており、そちらは車と釣りのことばかりです。
夏場、屋外でプレーに及んだこともあるのですが、m男モードでないとダメでした。


TOTさんから
長ったらしいコメントに併せて、更に御迷惑とは思いましたが、記憶の新しい内にと、タイトルの通り僕達の変化向上の模様を記します。

御迷惑なら好きにカット願います。

♂♀ 正月中により深い世界に足を踏み入れ始めました。

純粋な愛と共に、
やはり性的興奮をより一層高めたいとの思いは、二人それぞれですが更に想いを深めて居た様です。

僕は少し以前から、自虐的な実感をも求めて居る事を認識し始めました。

目隠しや縛りも試しました。

しかし僕は、褐色の艶々と妖しい光を放つ分身が、彼女の第三の唇から僕の口に近付く光景を見逃したくは無く。
目隠しは中止。

両手の縛りは、
彼女の内臓から黄金をより早くより大量に産み出して頂く為の助産婦的な、お手伝い御奉仕をスポイルされたく無いとの思いに至り。
縛りも中止する事に。

苦しむ彼女の腹部をマッサージしたり。

指を深々と挿入して陣痛を促したり。

なかなか実現に至らない、焦れったい感の中に潜む恐怖と期待の入り混じった様な自虐を。
自ら進行させる事で、更なる興奮を得られる事を認識。

そんな懸命な僕を見て可愛くも愛惜しくも感じてくれる彼女の興奮も、その効果により最大に達する事に気が付きました。

この寒中に暖房も無い殺風景な浴室で儀式は粛々と進行して行きます。

プレイとは異なり、コスチュームは一切無し。

どんなに寒くとも互いに産まれたままの姿で儀式は敢行されます。

以前より自虐感を高める為に僕は。

“姫様、どうか御処刑の儀を願います”と跪き。

“判りました、そこに横たわり為さい”と無機質に言われるまま、冷たいタイルに直に横たわります。
これは如何なる時も、何処ででもつつがなく儀式を行う為で、プレイの時はエロチックなコスチュームやバスマットを使用します。

冷たいタイルに体温を奪われた僕は、否が応でも姫様の体温を感じる訳です。

観念して横たわった僕の顔に、大好きな姫様の黒々とした茂みが徐々に近付きます。

茂みの中からバックりと、潤い始めたピンク色の皮肉が開かれ始め、夥しい湯気を放ちながら濃いめのお聖水が太い尿筋を示しながら一直線に僕に注がれ、冷え切った僕を体内から温めてくれます。

自虐感に浸る為にワザと苦しげに嚥下する僕を上から眺める彼女は尿とは別の粘度の高い液体をも僕の口中に垂らし始めます。

この後、いよいよ黄金の儀が始まるのですが既に文字数が無いのまた次回。

TOTさんから 

  • 2012/01/15(日) 20:24:57

 カレー味の黄金か、黄金風味のカレーかはこういう趣味を持つものは深く悩んだりしました。
カレーは大好物なので、黄金風味であってもカレーの方が良いかと思いました。
しかし、黄金風味と言うことは腐っているのではないかと思うので、設定に無理があるような気もします。
カレー味の黄金だと、カレーも黄金も嫌いになりそうです。


TOTさんより
自衛官のはかなり嫌ですね(笑)

世の中色々で、その気の有る人達には垂涎の的でしょうが(笑)
最近はウロキナーゼ酵素もバイオで合成出来るそうですから、抗血栓剤を服用してる方は御安心下さい(笑)

別に伏せる事でも無いので、飲尿療法に関して興味有る方は、東京、港区白金の北里病院内東洋医療研究所に通院かお問い合わせを。

コメント無く、覗き見盗み見は寂しい日本の特徴の様ですね。
僕のブログ(普通の)でもアクセスは100件前後有りますがコメントは僅かです。

しかしアクセスが増える事に関しては嬉しい事ですね。

もしそれに一役駆ってるなら僕達も嬉しいです。

昨年の震災や原発の危機感から、彼女も更なる一体感を欲して居るのでしょう。

いつも以上に積極的に行動を仕掛けて来ました。

排泄物ですから、今更オーガニックと言うのも変ですが、僕の身体に優しく、且つ、より多くの摂取を望み、色々創意工夫をしてくれます。

具体的には消臭、苦味の軽減に成ります。
その度に情報交換をしながら、食し易い黄金の開発に余念がありません。

既に書いた様に動物性蛋白や脂質の排除。
果物とハーブやスパイスの摂取。

一時カリースパイスを研究してましたが。
カレー味の黄金か、黄金味のカレーか?の究極の選択が身近に感じました。

SMとは違う感性では有りますが、カリー味の黄金は僕に取っては彼女の味わいを感じ難く、ただの不味いカリーでしか無く、モチベーションは下がりました。

カリーの効果が絶大な証明でも有りますから、初心者の助けには成ると思います。
他のハーブやスパイスはなかなかな物で、僕のお気に入りはセロリ、トマトなどの一般的な野菜や香味野菜。
セロリのシャリシャリ感と体温で温まったトマト、そして溶けるチーズはカリー味より彼女味も感じられて、イタリアン風(少し大袈裟ですが)

粘土の様な食し難い質感も適度な繊維質感でザクッと噛み分けられ、飲み下し易く成ります。

トマトの甘酸っぱさも苦味の軽減には有効。

欲して余りある香りも適度ながら自虐感をそそり、微妙なバランスで僕の興奮を高めます。

年末年始と言う事も手伝い、彼女自身の食管理も完璧で今までに無い量を完食出来、彼女も感激しながらスムーズに種付けの儀式に移行出来。
正月中、たっぷりと愛を確かめられました。

もう互いに無くては為らない関係を、二人共に、実感に至れました。