TOT さん 浮気?

  • 2012/01/19(木) 17:06:38

 今回の投稿を読んで、耳がダンボになってきたm男さん、S女性が多数ではないかと思います。
私が自分のフェチやm性を女性に語ったのはS女性だけです。
普通の女性にとっては不愉快、不可解極まりないでしょうから、当然でしょうか。
エリスサットンのサイトに男を黄金便器にするのが趣味という女性の記事がありました。
便器候補の男を見つけるコツは「ass man」を見いだすこと。
「尻男」?
要するに女性の顔やスタイル、脚よりもまずお尻に注目する男のことでしょうか。
まさに私がその類なので、驚きました。
大学の同級生などからass manを見つけると罵ってみたり、わざと相手を汚すようなことをして、反応を見るそうです。
そしていけるとなったら、女性から誘い、普通のセックスに至るように見せて、ass manに奉仕させます。
アナルの舌奉仕をさせ、お聖水まで与えたら、後は黄金便器にするのは簡単だそうです。
その女性は男の口に排便し、嚥下するのを見るのが楽しみと言います。
市長も町の有名人も彼女の便器で、それを知らない奥さんがつんと澄ましているのをみるのも楽しみだそうです。
彼女は自分の便器男達の健康を気遣い、自身の健康チェックを欠かせません。
アメリカなので、保険無しで相当な金額を払って検診を受けたようです。
検診医に検診の目的から、自身の嗜好まで細かく伝えたそうで、男性の医師は相当驚いたそうですが、結果通知後に自分も便器男に加えて欲しいと告白したそうです。
TOTさんのお話はこれによく似ていて、男性から黄金授与女性を見つけるという点でm男には大変な勇気と希望をもたらします。

スカラベの生態は面白く、昆虫好きの私には嗜好とは離れて興味がありました。

女性さんが「あなたはm男か」と尋ねられたと言うことは女医さんがSMクラブのプレイ内容をご存じと言うことでしょうか。
それともご自身がS女性と言うことなのでしょうか。
お聖水拝受は以前は深夜番組でもモロではありませんが、放送していました。
それでもSMクラブと言えば、鞭と蝋燭で遊ぶところを言うイメージではないかと思います。

「細菌病理学」とは存じませんが、「細菌学」か「感染症学」だと糞便学までかなりお詳しいと思いました。
私も是非受診し、ご相談したいことがありますので、いずれ医院の所在地を教えてください。
スカラベはラテン語と思いますが、言い響きですよね。
私もTOTさんもスカラベには違いないと思いますよ。
TOTさんが精神病理の専門家というのは初めて知りました。
皆一度は精神科医に憧れますね。
人の心が透けて見えるような専門家なら誰でも操れるような気がして、憧れるのです。
臨床心理士の友人に尋ねると精神病理は結果論が多く、体系だって語るのが難しい分野と聞きます。
TOTさんには女医さんの心情が透けて見えたので、あえて誘導したのでしょうか。
心から羨ましく思います。
その女医さんは医者ならではの「何でもみてやろう」の好奇心の強い方かもしれませんね。
細菌学専攻の女医さんが、黄金授与をどう正当化されるのか、お話を伺いながら、その先生の便器男になりはててみたいです。
私はもう黄金便器になるのは封印したつもりでしたが、この女医先生が下さるというなら、尻下に口を開けてしまいそうです。


名前:TOT
タイトル:浮気?
--------------------
先ずは次なる生き神様。
僕と彼女は健康に最大の注意を払って居ます。
年に1〜2回は人間ドッグを受けて居ます。
彼女は僕の健康に害の無い(少ない)黄金を製造するため。
僕は黄金が健康に影響しない事を立証する為と健康維持の為。
クリニックは昔からの行き着けだったのですが、ある時から新任の女医さんが僕の主治医に成りました。
確かに以前の主治医はかなりなお爺さんでしたから引き継ぎや別れの挨拶も無く消えてしまった感じです。
年配者には話しやすい部分も有ったので、困惑が無かったとは言えません。
ましてや、よりに依って比較的若くて綺麗な女医さん何て、飲尿療法に付いての相談も最初は出来ませんでしたが、前任者の残したカルテへの記入でバレて居ましたが、そこは医者の感覚で尿の無害さや薬効も知って居ましたから僕も覚悟を決めて色々相談をしました。
しかし気を許し過ぎて、仮に人の尿が間違って口に入ったら?とか余計な事を聞いて居ました。
その内に僕は女医さん目当てにクリニックを訪れる回数は倍近くに増えて居ました。
それもカルテを見ればバレてしまう事。
毎回尿療法への質問と挙げ句の果てにほんの少し黄金の摂取の危険性を聞いてしまいました。
僕自身、その事の安全性が気にならなかった訳では無かったのと、女医さんの専攻が細菌病理学だと知ったからでした。
僕は女医さんと2人に慣れる機会の多い最終時間を選んで通院しました。
その内に、受付の看護士さえ帰る時間に通院を許されたのです。
ひっそりと静まり返った病室で女医さんは僕の質問に答えながらもとても色っぽい表情で僕を覗き込んで。
“ねぇ、○○さん”
貴男はM?と聞いて来たのです。
勿論違うものは違うとしか答えられませんからキッパリと否定しますと、
じゃぁスカラベかぁ!と独り言の様に言いました。
僕にはそれがギリシャ語だと分かりましたし、意味合いも分かりました。
スカラベシンドロームじゃぁ無いです!とハッキリ言うと、さすがに驚いた顔をしました。
もう何も隠す事も無いので全てを話しました。
僕が精神病理学を専攻して居た事も、何もかも。
女医さんは少し寂しげに溜め息を着き、
私のでは駄目?っと聞きます。
既に僕は女医さんが好きに成って通い詰めて居た事は2人とも知って居ましたから、一呼吸置いてから頷きました。

TOT さん この場を借りまして

  • 2012/01/19(木) 17:01:13

 TOTさんからのお便りはとても勉強になりますが、今回は特におっしゃる内容に大きく頷きました。
性欲無しの純粋な人間便器となると自虐心無しには到底遂行不可能ですね。
愛情表現としての黄金拝受で無ければ、やはりm男の喜びを覚えるしかありません。
そうすると排泄される彼女さんに生まれる感情はS心でしょうか。
嗜虐的好奇心から女性は人間便器に臨むと言われていますが、それだけだと数回で終わってしまうはずです。
何度も応じるには通常では無い愛情の表現を求めるか、加虐性しかないと思います。
彼女さんには前者が生まれているのだろうと推測しますが、後者ももしかしたらお持ちかもしれません。
子作り以外のセックスでは女性がどんなにリードしても所詮は受け身と思います。
女王様にも奴隷とのセックスを欠かせないと言う方もおられますが、感じてお乱れになる姿は自然な女性の姿で、高貴な興奮などないと思います。
加虐性が生まれ、それが普通の愛情に切り替わってプレイ後性交に至るよりは、愛情の形が普通と異なるだけでずっと愛情で結ばれている方が自然と感じました。
となりますと彼女さんとTOTさんの黄金拝受のプレイはS女/m男の世界とは異なるものなのだと認識します。
いろいろあるものですね。


TOTさんから

僕達の儀式とプレイの違いの一端が、この記事に有りました。
前向きとか後ろ向きとかの違いは、ズバリ目線です。
儀式の場合は敢えて、より辛い選択をします。
一番辛いのが性欲の助けを借りられ無い様に、性器への刺激は僕も彼女も致しません。
ひたすら排泄と拝受に徹する訳です。
想像が付くでしょうが、これは僕に取ってはかなり辛いです。
性欲のモチベーションに頼れ無いと云う事。では何を頼るか?
それは今まで余り意識して無かった自虐心です。
ひたすら神に祈る生け贄を頭で念じるしか耐える術は有りません。
しかし聖なる儀式ですから2人共に人間便器と云う感覚は有りません。
飽くまでも2人の愛を確かめる儀式ですから、愛を叫ぶ事だけは許されます。
彼女は苦痛に似た表情を歪めながらも愛してる!と言い続けます。
僕も声が出る限り愛を叫びます。
僕に与えられる愛の塊が尽きた時。
僕の神は顔の上から静かに離れ、手を触れないまま、結合の儀に移ります。
持続には自信が有る僕ですが、儀式では耐えに耐えた後なので深々と神の奥まで銜え込まれ、ニ〜三回で褐色の愛の塊の返礼に白い愛を神に送り込みます。
たったのニ〜三回です。
同時に彼女も果てるのですから、やはり精神的な興奮や高揚は半端では無い気がします。
プレイとは叉違った 悦びで有ります。

TOTさん 窒息プレイ

  • 2012/01/19(木) 17:00:05

 顔面騎乗は圧迫・窒息、匂いフェチ、人間便器・人間トレペまで様々な意味があり、全てを楽しむとは限りません。
私はお尻の圧倒的なボリュームが好きで、それは海が好きなのと似ているかもしれません。
海をみていると何時間でも感慨に浸ります。
お尻を見て楽しむことから始まり、触ってみて柔らかさと暖かさを知ります。
重みも感じてみたくなり、座布団に使われたいと願いました。
普通に座布団に使われることも大変な喜びです。
臀裂の深さに個体差が大きいと書きましたが、特にお尻の厚みのある女性ではその奥の奥にひっそりと佇む肛門に美しさと畏敬の念を抱きます。
美しい女性の決して日を浴びることの無い肛門を見せて頂くのは私だけと思うと、大変光栄です。
肛門を眺めて楽しみ、折角なので匂いもたっぷり嗅がせて頂きます。
女性にとってかなり恥ずかしいことなのに自分には晒してくださることにmに生きる喜びを感じます。
舌先で皺の数を数えることも大切です。
圧迫と匂いフェチの部分はこれで十分です。
窒息は女性の楽しみで、私がボリュームに喘ぎながら喜んでいるのをご覧になって、自身も積極的といいますか能動的な喜びを得たいとされます。
顔面騎乗はそこに至る過程が大切です。
頭をハイヒールで挟まれ、たったまま見下ろす女性のお姿、椅子の座面に頭をおき、スカートの中で見上げるお尻の形、ここから始まります。
たったままの女性が見下ろしていると自然に口を開けて待ってしまうことがあります。
女性は微笑みながら、どうして口を開けているのか尋ねられます。
私には分かりません。
「何だか御手洗みたね。」
特にS女性ということもない方からこう言われたことが何度もあります。
女性にとっても遙か下からの熱い視線を女性器にも肛門にも感じるではないかと思います。
それから、上記のような顔面騎乗にいたり、女性はできるだけ私を意識外に置こうとファッション誌を読んだり、テレビやビデオをご覧になったり、カラオケに興じられたりしますが、そう簡単に意識外に持っていくことはできません。
私が匂いを必死に嗅いでいることを知るとほとんどの女性は反射的にお尻をあげてしまいます。
それくらい恥ずかしいのだと思います。
そういう恥じらいを持った女性であることが、私に火をつけます。
女性はもう一度座るか躊躇されるので、私は思いきって、素尻で座って頂けないかと持ちかけるのです。
その時に女性は先ほど感じた「御手洗みたい」という思いが再燃します。
その心理状態に女性がなってくだされば、私にはその女性のトイレになったと同じ感覚が生まれますので、客観的にはただの顔面騎乗ですが、私には人間便器に他ならないのです。

 Water sportsにおいて、尿を使ったものはgoldenで表し、便はbrownですね。
brown showerが黄金を浴びるプレイになります。
brownでは見た目そのままなので、greenということもあるそうです。
緑色の便と言うことは何か病気のような気もしますが、そうではなくさわやかなイメージの緑をあえて隠語にしていると伺いました。



TOTさんから
タイトル:窒息プレイ

窒息プレイは限りなく危険な割に、何か得るものの少ない行為に思えます。
金色(こんじき?)シャワーは黄金と混乱し易いですね。
何にせよ窒息プレイよりは安全な行為で、ハードルが高い分、コミュニケーションも高まりますから、多少の危険性は更に行為の高貴性に貢献する事に成ります。
これらの行為の危険性は、丁度ゲイの危険性に似て、不特定多数との交わりが一番に思えます。
安易な同性愛者に拠ってエイズは蔓延して居るのは事実です。
もし聖水や黄金が危険なら、かなりな数のAV男優や女優さんが死亡して居るでしょうが、そんな話しはご存知ですか?
危険だとすれば誤嚥下で胃袋で無く、肺胞に入った事での肺炎併発は十分考えられますが、黄金で無く、味噌汁でも肺炎は併発しますから、これだけは運命を信じるしか無いでしょう。

TOTさんから 免疫抵抗と胃酸

  • 2012/01/19(木) 16:58:51

 お聖水拝受や黄金拝受がそう簡単に健康障害を起こさないことはTOTさん自身が証明されていることで、これに勇気づけられたm男さんはたくさん居られると思います。
最近のアクセス数の増加をみますとその中に実践への期待と不安に揺れているカップルもおられたと思います。
今のところ、コメントも届いていませんが、確かな後押しになっているであろう事を嬉しく思います。
私はプレバイオティクス、プロバイオティックスまで実践しており、糞便学の本も読んでみたことがあります。
TOTが書かれたことはまさに我々を勇気づける事柄なのですが、問題がいくつかあるのです。
TOTさんも彼女さんも細心の注意を払っていることと思います。
・TOTさんの口中や舌に傷がない事
・逆食の話が出ていたので、丁度分かりやすいですが、食堂や胃や十二指腸に潰瘍など傷がない事
・小腸は免疫の要ですが、最近ストレスか、炎症性の小腸の障害が聞こえてきます。
炎症があると小腸から細菌が侵入するのをブロックできない場合があるかも。
この3点です。
あとはTOTのおっしゃるとおり誤嚥に気をつけることでしょうか。
細心の注意を払って望んでくださる聡明な女王様、S女性とプレイすべきということです。
ついでにm男さんもお勉強を欠かさないようにしましょう。
ここで情報交換できたら、とても嬉しいです。
TOT先生に質問コーナーでも作りたいところです。

TOTさんから
インフルエンザにしろ流行性感冒でも人間が持つ抵抗力は凄いものです。
免疫抵抗に加えて、胃酸の殺菌力は更に凄い働きをして居ます。
逆流性胃炎は胃酸のPH値が以上に高まり、逆流する事で胃酸に慣れて居ない臓器を犯してしまう事です。
胃壁自体は塩酸と同じかそれ以上のPH値を持つ胃酸に耐性が有ります。
聖水同様に空気に触れない物ならば雑菌の繁殖はさほどでは無く、強力な胃酸の前に消滅する事に成ります。
体調に拠り胃酸過多でも、逆に胃壁を荒らして傷つけ外敵に犯されやすく成ります。
人間の糞便には通常280前後の菌がその存在を確認されて居ます。
その殆どが、少なくとも有害では無く、精々少し痛んだ食物程度でよく悪者扱いされる大腸菌は大腸に存在するから大腸菌に他成りません。
勿論腐敗菌も含まれますがこれは大腸菌以上に地中に存在します。
この菌が働かないと物が腐り淘汰されなく成ります。
それ以外の働きは無く
肝臓への負担もお酒のアセドアルテヒドよりは無害です。
有害菌が無ければ腎臓への負担も少ないです。
人間の体内には人を殺傷する毒素は生成されていません。
御参考までに