TOT さん ではプレイの概念を御説明します。

  • 2012/01/31(火) 19:42:21

 これを待っていた読者の方が多いと思います。
続きが気になります。


名前:TOT
タイトル:ではプレイの概念を御説明します。
儀式と同じな箇所も有るかも知れませんが、基本的な心は同じで、よりカジュアルな感覚です。

儀式が二人の契約書とする厳格さを有する、と言うより二人ともに痩せ我慢的で最初の頃には滑稽でどちらからとも無く 笑っちゃう事も有りましたが、良い意味でも悪い意味でも真面目で
--------------------
僕の手足と僕真ん中の操舵棒はカチカチ。
馴れてる筈のカメラセッティング作業も捗りません。

やっとセッティングを終えてから窓を少し開けて冷え切った外気を取り入れます。
何故?わざわざ?と思われるでしょう!

風呂に湯も張らない浴室では息も白く成る位です。

僕はこの日は素敵な姫を、文字通りお姫様抱っこして入室しました。

姫は黒い眼マスクを着けました。
アングルには注意を払ってセッティングしてますが万が一にお顔が映ると為らないので僕がテレビ局の小道具さんから撮影用として貰って来た物です。撮影用には間違い無いですから。

彼女は黒いエナメルを基調にしたコスチュームを選んで来ました。

実物は見ませんでしたが、事に及び汚したりすると大変ですからと僕も同意の上での選択です。

しかし実際は想像よりもエロティックでした。

衣服は通常隠す所を隠す物。

しかしコレは真逆で豊満且つ形良い乳房は更にその起伏を強調し、サイドのみを伝ったエナメルの紐がウエストラインから面積を狭め妖しく光るエナメルは下腹部には一切干渉せずに彼女の白い肌を更に演出します。

そして肌の白さは下腹部を覆う黒い茂みの艶っぽさを際だ立せます。

僕はもう手足ガダガタ、足はフラつき、心臓は口から飛び出しそうでした。

フラつく身体を彼女の手を借りて、場みったポジションに横に成りました。

鼓動は更に早鐘の様に打たれて居ます。

浴室の照明を落とし、撮影用ライトを彼女自ら点けて貰いました。

浴室の白いタイルをリフレクションして素晴らしい舞台は完成しました。

彼女は無言で優しく僕の髪を掻くき上げ、唇を強く吸います。
エロティックなコスチュームに刺激されたか
彼女は軽く舌舐め擦りした様に見えました。
いや、確かにチロッと朱い舌がセクシーな口元を這ったのを僕は見逃しませんでした。
と、同時に彼女の黒目がちな濡れた瞳が獲物を捉えた牝豹の様に変わるのを。

牝豹はイキなり僕の下腹部の張り裂けんばかりの肉棒を掴み上げ、下に垂れ下がる2つに舌を這わせ、肉棒を扱き上げ始めました。

うぅっと僕が軽く呻くと垂れ下がった2つを白く美しい牙を喰い込ませました。

僕の快感は一瞬にして激しい痛みと化しました。

痛みに堪える僕を横目に肉棒を扱き続けます。

痛みと快感のせめぎ合いが少しの間続くと、僕の脳内に全く違った快感痛と、越えられ無かった壁が姿を…

…続く。