隷従の意味を理解できるか

  • 2013/03/21(木) 15:10:38

残念な話ですね。
残念なのは記事の内容です。
裁判官は隷従という言葉を使っています。
恐喝による心理的拘束感は隷従とは違いますね。
暴力団の関連をちらつかせても反発や逃走の意識は生まれても隷従の意識はないはずですから、そんな美人局みたいな事件ではないでしょう。
隷従に至った経緯は裁判の場では赤裸々に語られたのではないでしょうか。
判例タイムスにそのうち掲載されるでしょうか。
「女性から叱責や暴行を受けており」というのは調教のことだろうと容易に想像がつきます。
そこから奴隷が逃れようと思うでしょうか。
この女王からお払い箱にされそうになった、ほかに若くて良い奴隷が見つかったのではないでしょうか。
それで心中を図ったのではないでしょうか。
裁判官はおっさんが若い女性に隷従するということをどう考えたのでしょうか。
果たしてそんなことが可能なのか、洗脳したのか、など普通に考えたら隷従など理解できず、執行猶予など出さないように思います。
裁判官がm男の意識を良く理解できたとしたら大変興味深いです。



絶対的上下関係不服?26歳女性刺した52歳男

 N県M町で昨年8月、飲食店を共同経営する女性(当時26歳)の胸を包丁で刺したとして殺人未遂などの罪に問われた、同町飲食店従業員H被告(52)の裁判員裁判の初公判が12日、地裁支部で開かれ、H被告は起訴事実を認めた。
検察側は「無防備の被害者の心臓目がけて力いっぱい包丁を突き刺しており、殺意は確定的で強固だった」と主張。
これに対し弁護側は、H被告が女性から叱責や暴行を受けており、「絶対的上下関係から逃れるため犯行に及んだ」と情状酌量を求めた。
起訴状などによると、H被告は昨年8月24日午前、箕輪町の女性宅で、就寝中の女性を包丁で刺し、約3週間のけがを負わせたなどとしている。


刺した女性に「隷属」…52歳男に猶予判決

N県M町で昨年8月、飲食店を共同経営する20歳代の女性を包丁で刺したとして殺人未遂などの罪に問われた、同町H被告(52)の裁判員裁判の判決が18日、地裁支部であった。
 裁判長は「切迫した心理状態を考慮すると刑の執行を猶予するのが相当」とし、弁護側の主張を全面的に認め、保護観察付きの懲役3年執行猶予5年の判決(求刑・懲役5年)を言い渡した。
被告側は、「(女性との)絶対的上下関係」から逃れるために犯行に及んだと情状酌量を求めていた。
判決で裁判長は、H被告が包丁を事前に用意し、就寝中の女性があおむけになる瞬間を狙って犯行に及んだ点を挙げ「一定の計画性を持つ」と述べた。さらに包丁が心臓の約1センチ手前まで至ったことも「生命に対する高度な危険を有する」と、犯行が強い殺意を持ってなされたと認定した。
判決はその一方、H被告が女性に隷属している実態を減軽の理由とした。
H被告は親の貯金を下ろすなどして2000万円以上を用意し、出資金などの名目で女性に渡していた。
裁判長は、女性が暴力団との関係をちらつかせて「ヤクザに肝臓を売れ」などとさらなる金銭を要求していた点を挙げ、「『女性を殺さなければ自分が殺されるかもしれない』と思い詰めた」とH被告の当時の心理状況を説明した。
判決によると、浜被告は8月24日午前10時55分頃、女性宅で睡眠中の女性の胸を包丁で刺し、全治約3週間のけがを負わせた。

TOT さん ホワイトデイ

  • 2013/03/21(木) 15:08:07

イカスミ黄金は厳しいですね。
黄金色ではない訳ですね。
本物に慣れた人間にとって却ってきついというのは初耳で、とても新鮮な情報でした。
夫婦女王様/m男カップルの場合、同じ物を食べているせいか黄金に全く違和感がないという文章を見たことがあり、これはこれで感動しました。
きっと腸内細菌も同じような細菌叢になっていて、消化も無理なく進むのでしょうか。
すばらしいですが、m男は余計な冒険をしたくなりそうですね。
あえて危険で困難なタスクに挑戦したくなる冒険魂です。
TOTさんもそろそろ新しい味を求める頃でしょうから、新しい研究生?の黄金逆調教は新鮮でよろしいでしょうね。
AV系の女性は美しく、しかも清潔感がありますから、実技とのギャップに驚くばかりですが、黄金を頂くにはお勧めかと思いました。
MビデオもたくさんAV女優さんが出演しています。
生理中でも平気でプレイをしていて割り切った女性の強さを見ました。
TOTさん御自作の便器はその後どうなっていますか。
使用状況を教えてください。



名前:TOT
タイトル:ホワイトデイ
--------------------
何を何処まで書いたか忘れてしまいましたがジョイスとガッキーとのバレンタインの事は書き終わった気がします。
ホワイトデイは奈緒と約束して居ました。
ジョイスは多忙な世界へ、ガッキーは舞台リハーサルへ。
二人にはホワイトディには奈緒と会うと言って有りますから理解してるでしょうし、奈緒にはバレンタインはジョイスと言って置いたので、これまた理解したでしょう。
スタートがスタートだけに最初は恋愛感情は無かった奈緒ですが、最近少し複雑な心情だとは思いますが現代っ子と言う事と僕が何事も隠さずに言うので咎める事も出来ない筈です。基本賢い子ですから。
ジョイスもジョイスですが、所詮ジョイスは女王蜂みたいな存在として君臨して居ます、お側役はガッキーですね(笑)
奈緒はジョイスを意識してか、何とイカ墨を食べ続けて着色を心掛けたと言ってましたが、女王蜂から情報を得て居る事はバレバレです(笑)
イカ墨味はビターチョコ味よりはお勧めです。
消臭効果も有る様ですし、色は本当に真っ黒で見た目に抵抗が有る人にも抵抗無いでしょう。
しかし何にしろ得体の知れない味わいでした。
何が苦痛かと言えば得体の知れない味って本物に慣れた人間に取ってはかなり苦痛です。
これが一過性の聖水ならば後味で聖水感は戻りますが。
黄金は人や食事に依って生じる差違位の方が受け入れ易いです。
ジョイスは研究か興味本位でしょうから、結構楽しんで居るみたいですが。
奈緒までは勘弁して欲しいです。
その事に依る欲求不満が僕の浮気心を逆撫でして居ます。
何とかジョイスの手のひらを逃れたい気持ちが湧いて来ます。
そんな愚痴をオーナーに零すと待ち構えた様に次成る生徒が居ると誘います。
ガッキーを足抜けさせ、奈緒を写ガールにしてしまった事、コウは唯一クラブに貢献しましたが、便器プレイに押し掛ける気持ちの悪いお客さんに嫌気がさして黄金拒否を始めてしまって、教育係の僕は立場無しです。
兎に角面接だけを承知して来ました。
しかし彼女らもメディカルチェックはジョイスがやって居ますから興醒めでは有ります。
僕が目を付けて居るのはAV系の人達ですが、オーナーの手の内は全てジョイス絡みでは有りますから不満な様な安心な様な複雑な気持ちです。

お便器ですか〜2

  • 2013/03/19(火) 19:08:30

 お便器ですか。
私は便器です。

こんな会話があると楽しいですね。
変態性欲に胃もたれ中という事はないのですが、それにしても忙しいですね。
忙しい!というのは自分は無能ですと宣言しているのと同じなので、控えているのですが、よりによってこの時期に返事がまとめて返ってきて、しかも締め切りが目前だったりします。
ゆっくりお便器モードに逃げ込んでいられません。

ほら、お口開けるのよ。
ほら、あーん、て。
ほら、いくわよ。

なんてゆっくりお便器になれたら幸せでしょうが、そうはいきません。
お便器は無理でも、吸い込まれそうな美しいお尻を眺めるくらい許されそうなものですが、そんな持ち主は周囲にいるのやら、、、
といつもと仕事の時間を変えてみると、いますね。
朝のテーブル掃除をしているあまり見かけない女性が。
そっと近づいて落とし物を拾うふりしながら、1ミリでも近くお尻の割れ目に顔を近づけたい、そんな事を思っていると、ニッコリ笑顔で挨拶され、全て消えていきます。
まさかそんなことを考えているとは夢にも思っていないであろうスマイルを見ると私はまた液晶画面に向かって仕事をするしかないのです。

4/20、21の大きな山をまず越えましょう。

TOTさんからさんへ
バレンタインデーとホワイトデーの書き込みをお願いします。
皆さんお待ちかねです。

TOTさんのバレンタインデー

  • 2013/03/02(土) 20:36:11

 ストレス耐性の違いかも知れませんが、僕は余りストレスを感じ無い体質かも知れません。 特に仕事のストレスは、仕事が有るから存在する物ですが、 仕事が無くなったら、そんな事も言って居られないのを何度か体験してます。 僕も買い物してると僅かなストレスを解消してる感じがします。 別に100円ショップでも良いのです。 有る意味出会いに喜びを感じます。 こんな物が有ったのかぁ〜とか。 多分外に出ない人達は一生知らないかも知れません。 何でも好奇心で知る喜びを感じる内は生きて居たいですが、これは遺伝かも知れません。 祖父が98歳で旅立つ2週間前にパソコンを娘婿に買いに行かせたそうです。 祖父は60歳で30歳の弟子と再婚して年子で娘を二人作りまして、娘達の為に61歳で免許を48時間掛かって取得しました。 祖父の顔は曾祖父がイギリス人なので頑固なイギリス人風な顔立ちで僕は祖母や母親似で外見は似てませんが、精神や性格は似ていると言われます。 祖母のルーツは高知ですが僕は下戸です。 しかし生活信条は泥水の中でも前のめりに倒れて死にたい!です。 人間の遺伝子は本当に面白いですね。 治憲さんが元気に成る様にバレンタインの事でも書きましょうか?

TOTさんの不思議な生態はイギリスの血がなせるのでしょうか。


 早いものでホワイトデイの商戦の気配がする季節に成りましたね。 御約束のジョイスの体内合成チョコのお話です。 ジョイスの凝り性は研究医そのもの。 詳細は聞きましたが、余り興味も無いので聞き流しました。 先ずは炭水化物の極力カットから始まり、去年の体験からミルクチョコでは無く、ビターチョコと言うより更に一般的で無いカカオ100パーセントに近い真っ黒い塊。 チョコの原料と言った方が正しく、僕も味見しましたが、何だこれは? と言うのが正直な感想です。 しかし一生懸命探して来て、そればかりを食して居るので心配に成りました。 砂糖が一切入って無いからダイエットにも貴男にも良いでしょ!と妖しく微笑みます。 Mでない僕にもゾクゾクと恐怖だけで無い戦慄を感じ営みの時に思わず味見をせがみましたが、駄目よ14日までは!と言われ味見は聖水に留まりました。 妖しい微笑みの調味料で聖水は普通でしたがかなり高まりました。 14日は前日からホテル入りして備えました。 ジョイスと言えども偏食の極み、いや変食と言った方が相応しいかも知れませんが。便通不順。 まぁ早い話が便秘がちに。 最後にはビターチョコとホールミルクだけの生活でしたから、まさにジョイスはチョコレート工場と化して居ましたから致し方ありません。 セックスも半月前から多忙も手伝ってカットしてました。 ガッキーとすれば良い!と言われてましたが、ジョイスの努力は、彼女の好奇心も有るでしょうが、僕の為でも有る訳ですからガッキーにも話して禁欲生活に。 ガッキーは既に3人でヴァレンタインを過ごす気で居ますから、何だかワクワクするとハシャいで居ます。 可愛いとしか言い様が有りません。 昨年も一緒でしたから見届け人か解釈人でしょうか? そんな表現をするとやはりヴァレンタインは処刑の日でしょうか? 性欲が高まり始めると僕にはどうでも良く成ったのは言うまで有りません。 それでも半月近くの禁欲は僕のモチベーションを高め。 妄想もパーフェクト便器を目指し膨らむ一方。 ケフィアや奈緒、コウとの約束もジョイス優先で後回しですから後には引けません。 可愛いガッキーですら禁欲の余り妖しい目付きに見えます。 指で逝かせて上げようか?と言っても我慢する!と健気に微笑みますが普段は見せない、女の情念が見え隠れして居ました。

 ジョイスからのメールでガッキーと二人で都内の超高級ホテルに呼び出されました。 あれだけの努力研鑽家のジョイスですが、ヴァレンタインデイには都内のホテルが満室で此処のバカ高いスィートしか空いて無くて驚いたと書いたメールを見て大笑い。 研究バカでヴァレンタインデイも研究室に籠もってたと言う彼女らしい話しです。 昨年は僕が半年前からでもやっと予約が取れたと話してましたが、聞いて無かったんですね。 ガッキーとは違った可愛さをジョイスに感じて、改めて僕の義務感は高まりました。 遅刻厳禁と言ったジョイスは、自らかなりの遅刻。ガッキーが普段の仇とばかりに、キャッキャと、はやし立てます。 中に入って僕はジョイスに抱き付き愛と言うか欲望のキス。 便通不順との色気の無い言葉にも僕はメラメラ燃えて来ます。 三人仲良くキングサイズのベッドの中に。 案じるより産むが易しですよ!とのガッキーの言葉に僕とジョイスは笑い転けます。 何だか意味が分からないらしくガッキーはキョトンとしてます。 さすがは平成のゆとり教育児。 ジョイスはガッキーを抱き締めて女同士でキス。 僕はジョイスのお腹をマッサージ。 スレンダーは変わりませんがジョイスの腹部は通常より少しフクヨカに。 彼女は嫌がっても僕はパブロフの犬が如く最早操舵棒がカチカチに。 ガッキーが空かさずそれを指摘。 ジョイスのお腹には僕の為のチョコ?が詰まって出番待ち。 想像と妄想と欲望の化身に為っても仕方有りません。 下半身を硬直させながらも長い間お腹をガッキーと交代でさすり続けました。 食事もミルクとヨーグルトをルームサービスで採ります。 勿論僕らは通常食。 ジョイスはガラスピッチャーに入った大量のミルクを見てクローゼットに走ります。 ガッキーを読んで何やら話してます。 ガッキーはピッチャーのミルクをレンジで暖め始めます。 冷たいミルクの方が便通不順には良い筈ですがジョイスは何と極太の浣腸器をガッキーに渡しました。 勿論本物プロ仕様?! ジョイスは何泊かする位のバックを持って来たのにはこんな訳が有ったのでしょう。 僕は少しだけ引きました。 多分この数ヶ月は通常のクリニック外来や研究の傍ら今日の事を考えて居たのかも知れません。 発作的な僕の欲望とは違った欲望がジョイスの中にはたぎって居たのでしょう。 覚悟の二文字が僕を襲います。

 ガッキーはまるでクリニックの手伝いの延長の様にレンジにピッチャーからグラスに移したミルクを暖め始めました。 その目には卑猥な妄想では無く、ジョイスを火傷させない為に温度調節をする看護士の様な目付きです。 僕はきっと妄想と欲望に駆られた目付きだったに違い無く。 冷静にエロを追求するジョイスとガッキーの事を思うと何だか恥ずかしく成りました。 男と女の間に流れる深くて暗い河とはこの事なのでしょうか? 少し萎えてしまった僕を尻目にガッキーは着実にミッションを遂行。 僕は萎えながらもジョイスを抱いてひたすらお腹をさすったり押してみたり。 それでもたまに漏れるジョイスの呻き声に、極めて単純に勃起。 それに気付きジョイスが手を伸ばしてさすり返してくれますが、これは丁寧に御辞退。 ホワイトデイのお返しが最初に成っちゃうと言うとジョイスだけで無く冷静にミルクを浣腸器に移すガッキーも大受け。 ナンなんだこの和やかな雰囲気は? 逆に我に帰った僕は再びお腹をさすりながら処刑の時を待ちますが、何故か再びフル勃起。 ジョイスは再び女医目線でガッキーにかんのノズルを真っ直ぐに突き立てる様に指示をしてからやにわに身体を弛緩状態に。 柔らかなお腹がポッコリと更に膨らみます。 少しずつミルクはジョイスに飲み込まれ始めます。 大丈夫ですか?熱く無いですか? もう少しゆっくりの方が良いですかとのガッキー看護士の声に冷静に返答するジョイスに怖じ気づきながらも妄想に浸る僕。 その内にも刺激を感じ始めたジョイスは僕をギュッと握って来ます。 かなりキツい握り方だから暴発の心配は有りません。 去年の時もジョイスは、最後までチャンと食べないと射精させないわよっと言ってましたから、今年もその積もりでしょうが、それを考えると暴発の危険も有るのでギブアップを告げます。 僕は一体何を考えれば良いのか。 健気なガッキーに、看護士の制服着てくれば良かったのにと漏らすと、ジョイスがガッキーにスーツケースを持って来る様に告げました。 開けて御覧!と腹痛に堪えてか、短く吐き捨てます。 リモーバのアルミ合金のスーツケースをガッキーが開けると中にはコスチュームや小道具がこぼれ落ちます。 これを準備する為に遅刻したのは既に明白ですが、女王様かぁ〜と突っ込みを入れたい位のセクシーなコスチュームも見え、勃起どころか暴発の危険も。

 リモーバのスーツケースからはM男では無い僕にも刺激的なコスチュームが。 ジョイスの好みの黒のコスチュームが主ですが、好みは僕も同じなので問題無し。 ジョイスの白い肉体に黒のレースや網のボディタイツ、カーターベルトなどなど。 今回は黒いカーフのハイヒールまで。 何故か今回僕も萌え始め、ハイヒールを舐めて居る自分を妄想。 Mの芽生えか? ガッキーは注入を終えたにも関わらず可愛い看護士に変身。 ジョイスの表情も緩む程可愛いガッキー。 表情と共にお腹も緩み始めたジョイスも急いでコスチュームに着替え始めました。 せかされながら、だだっ広い浴室へ。 ホワイトとゴールドラインに飾られた豪華な浴室ですがラヴホとは流石に一線を画してます。 こんな豪華かな浴室でこれからする事など誰も想像しないでしょう。 ガッキーは既にスーツケースからエアマットを見付けて膨らまして居ます。 僕も他の所が痛い位膨らんで来ました。 着替えたジョイスはバスタブに片足を掛けて天を仰いで集中してます。 他の子の苦労が分かったと言うジョイスは繊維質不足で固まったカカオの塊と闘って居ます。 上下のお口からミルクを補充してますから腹痛は半端で無く、額に汗が見えます。 その繋ぎかは分かりませんがジョイスは僕に、こんな変態女に良く尽くしてくれて有り難う、これからも宜しくね!と言ってくれました。 僕は思わぬ言葉に感激しました。 ガッキーも貰い泣きしそうな表情で、私もついでに御願いしますと僕にかジョイスにか分からない角度で言います。 再び和やかな風が吹きます。 僕の方こそと立ち上がって背後からジョイスの後ろのお口に唇を押し立てて吸引。 既に僕の股間からは透明な汁が垂れ始めてくすぐったい感じ。 少し体勢を落として一際美しいヒップラインを呈します。 最近はこのスタイルの方が嚥下し易いので無言で決定。 僕は下からの方が好きですがジョイスの頑張りには沢山採り込む事が最優先。 僕も膝を付いて位置を合わせて時を待ちます。 そしてその時が近付くとガッキーが気を利かせたのか欲情したのか?僕の股間に潜り込んで袋を口に含み舌を這わします。 いきなりの事ですがガッキーの顔面に半月分を撒き散らしてしまいました。 声を上げるとジョイスに知られますから嗚咽に留めました。 後でガッキーが叱られるのも可哀想だし。 そう思う内にもドクドクと熱い想いはガッキーに。

 声を上げるのは堪えても、半月分の熱さが尿道を激しい快感が貫抜いて行きますから僕はガッキーの顔面に座り込んでしまいますが弛緩の限界に達して逆顔面騎乗。 ガッキーも顔面一杯に大好きな、ほとばしりを受けていきなり高みを極めたらしくピクピクと痙攣し始めます。 ガッキーはやはりSよりMの強い事がこれで証明されました。 以前オーナーも言って居ましたが、顔出しだけで抑えながらも痙攣は止まりません。 困ったのは僕です。 モチベーションを直前に失って完食成るか? ジョイスの頑張りに応えてやりたいのですがガッキーの顔に飛び散るザーメンと共に自信も飛び散って行きます。 ジョイスは既にミルクからカフェオレに変化しつつ有る液体が。 音を立てて啜る事でジョイスと自分を奮い立たせます。 幸いガッキーが手のひらに僕の白濁した情熱を集めて自分の舌に移して居るのを見て僕のモチベーションも回復。 ガッキー、後でお代わりを上げるからねと口を動かします。 ジュルジュルと音を立てて啜って微笑みますがジョイスは気が付いて居るかは図り知れません。 モチベーションは80パーセント位でしょうが、ジョイスの努力の賜物を唇に感じました。 本当に苦味は少なくミルクやヨーグルトの他に強い甘味を感じます。 炭水化物や甘味類は体内燃焼でも炭化して苦味を発しますが、ジョイスは人口甘味料を摂取して居た様です。 しかしこれはハッキリとそれも新鮮な練乳の味わい。 甘いイチゴにもタップリと練乳を掛ける僕を見てジョイスはミルクの前にガッキーに命じてコンデンスミルクをポンプに仕込んだ、、いや処方したのです。 まるで以前に試したイカ墨黄金よりも更にドス黒く、柔らか目の粘土の様な食感ですが好物の練乳で白黒に変じたチョコレート。 堰を切った様に次々と口に入り少しは難儀しましたが仄かに薫るチョコと舌に纏わりつく練乳で最高のヴァレンタイン。 こぼれたチョコチップを片手でガッキーにお裾分け。 ガッキー一時固まりましたが、意を決して口内に。無事飲み込みました。 ガッキーはそれから僕を銜えながら3回以上1人で逝きました、チョコも効いたでしょう。舐めた事は有りますが舐めると飲み込むは雲泥の差。 動きを止めたガッキーの口から抜いた刀でジョイスを仕留める為に一気に貫き通しました。 ジョイスから唇を求められるまま舌を強く絡めながら突きまくり、三人一つの肉塊に化しました。