あんまり美人じゃないほうが

  • 2013/07/02(火) 21:32:44

youtubeをさ迷っていると「女王様ごあいさつ」というのがありました。昔随分お世話になったブレイントラストカンパニーBTCの作品でした。
プレイのビデオは見飽きたので、イニシエーションを眺める方が楽しいです。
M男さんの緊張と期待がものすごく伝わってきます。
女王様は百戦錬磨ですから、余裕の対応です。
m心がなければ、態度のでかい勘違い女にしか見えないかもしれませんが、m男にはこれから始まる夢の世界が一気に展開していきます。
「お前の経験をいってみなさい。」
「鞭、ハイヒール踏みつけ、顔面騎乗、トイレットペーパー、、、」
言っているうちに奴隷さんは興奮してきます。
興奮と緊張に震えていると
「それって全部あなたの願望でしょ。」
m男さんは返す言葉がありません。
女王様はこれまでの調教歴を聴取されたのですが、m男さんは経験を列挙しただけだったので噛み合わなかったのですね。
「私のためなら何でもできるって誓えるの?」
ここで適当に「何でもオッケーです。」
なんて返したらそのまま蹴り出されるか、女王様は立ち去ってしまうでしょう。
「何でも」というのはeverythingです。
あたりまえです。
何でもできますというのは、よく考えるとかなり大変な事です。
「何でもできるって事は私の便器にもなれるって事ね。これから私の便器にしてあげるわ。」
なんて言って頂けるはずがありません。
窓から飛んで見ろといわれたどうしましょう。
切腹して見せてといわれたらどうしましょう。
奴隷同士で交わってみて。これも辛いです。
考えてみるとできないことだらけです。
所詮自分の願望のはけ口に過ぎないことに気づきます。
そう簡単に女王様に命を預けられないことに愕然とします。
奴隷って一体何なんだ。
m男って一体何なんだ。
ただの我が儘の塊じゃないか。
そう、それ以外の何物でもないです。
「紀子さま」のような女王様にお仕えすることを許された筋金入りのm男さん達は特別なんです。
女性崇拝といっても不細工な女性から黄金を食べろと言われたら泣きます。
不細工はまだ許せるとしてだらしない、人間として締まりもけじめもないようなクズ女から食べさせられたら堪りません。
女王様は奴隷の忠誠度をどうやって測るのでしょうか。
黄金を食べたから自分の奴隷と思ったら、ほかの女性の黄金もおいしく頂いているなんてありがちだと思います。
苦労して黄金便器奴隷にしたのにほかの女に使われたら、女王様の悔しさは計り知れません。
腕か胸に女王様の名を入れ墨したら良いでしょうか。
一物に名を刻んだらほかの女に奪われないでしょうか。
これではどっちが支配者か判りませんね。
奴隷が浮気しないかはらはらしている女王様は滑稽です。
では、m男から見た女王様は如何でしょうか。
男が皆絶句するような美貌を称えた女王様は普通の男が放っておきません。
毎晩やられまくりです。
そんな女性を女王様と崇められますか。
自分だけの女王様はあまり美人じゃない方が良い。
個性的な美人といいましょうか、目のきれいな女性は必須条件ですが、それ以外はあまり整っていない方が良いかもしれません。
目で支配されることに喜びを感じます。
今まで本気でお仕えした女王様は皆澄んだ目をなさっていました。

BTCの「女王様ごあいさつ」ではシーナ女王様がいいなあ。
何のことはない、すごい美人さんですね。メガネがお似合いです。
「女性の大切な物を頂いたり、、、」
「女性の大切な物?」
「おっしこですね。」
「女性のオシッコ?それをどうするの?」
「のんでみたりとか」
「のんでみたり?それは○○さんが飲ませろっていって飲むの?それとも無理矢理飲まされるの?」
「いや」
「お願いして飲ませてもらうの?ねえ」
「飲まされるっていう願望があります。飲まされたい」
「願望だけ?」
「はい。実際中々そう言うことはありませんので」
「じゃ、飲んだことないんだ」
「あります。」
「あるの?そんなことで興奮するんだ」

すばらしい展開です。

「じゃ、たとえば女性に命令されて、自分ができないことでも頑張ってやってみるというのはどう?」
「それはやろうという精神はあります。」
「私に命令されても言うこと聞ける?」
「先生でしたら」
「遊んでみましょうか?」
「はい」
「遊ぶってどういうことか判ってる?」
「はい、判っているつもりです。」
「じゃ、やる気があるって事だよね」
「はい」
「じゃ、そのやる気見せてみて」

m男さんは土下座しました。
女王様は奴隷の頭を踏みつけます。
この後の展開が非常に気になります。
私だと「やる気を見せてごらん」
と言われたら、仰臥位で大きく口を開けてじっとしてしまいそうです。
「誰が便器にしてやるっていったよ。」
と激怒され、それで終わってしまいそうです。