TOTさん カニバリズム的な行為

  • 2012/01/27(金) 13:36:55

 カニバリズムの話が出ましたか。
突き詰めていくとそこにたどり着くと思っています。
ものとして女性の役に立ちたいという強い思いがあります。
座布団、便器、トイレットペーパー、家具、椅子、ハイヒールの中敷き、ハイヒール自体、とにかく女性に使われたいそんな思いは自分が食べられて、女性の一部になれたら、それで完結するかも、そんなことまで想像しました。
遭難時はそれこそ緊急避難が許されますから、人肉食もあると思います。
飛行機墜落時の話、難破船の話も聞いたことがありますし、羅臼の昆布小屋のヒカリゴケ事件などりっしん扁無しの生への執着がなせる技ですね。
黄金をお受けするのは、少しは吸収されて身になるかもしれませんが、お聖水より多少可能性があるかどうか位でしょうか。
それでも受けたいというのは相当複雑な感情を整理した果てと思います。
「優しく虐められたい」に近いかもしれませんが、m男の思いを自分で解析するのは困難というものです。
ジョイ姫様にカウンセリングをお願いしたら、見事に解析されてしまうかもしれませんが、まま分からないままそっとしておくのも楽しみと考えています。

「お相手が望むなら鞭でも蝋燭でも耐えますが、僕は汚い言葉使いが我慢出来ません」
昔SM誌に載っていた、不細工でデブか貧相な体で、ただ荒っぽいだけの言葉を吐く女はさすがに滅びました。
真綿で絞めるような、言葉責めをなさる美しい女性がおられるものです。
女教師風の責め言葉も好きですが、諭しがら追い込んでいく技術をお持ちの女性に出会うと人生は変わると思います。
別にm男に誘導するのではありませんが、私は実生活を離れ、そういう女性から責めを受けて漂う自分に本当の魂の開放を思うのです。

「実はコレも米国辺りでは女性蔑視と言われちゃいますから御注意の程を。」
私は仕事の面で良く、女性蔑視と言われます。
実際能力が低いんだから仕方ないだろうと返しますが、さらに怒りを買っています。
男だから女だからと言う前に鍛えられたことのない人間には分からないことがたくさんあるものです。
そのことにすら気づかず、うまくいかないと人の責任する輩とは闘うのです。
「女性目線」というのはヒット商品を生み出す現場で多用される言葉です。
S女/m男の世界を広げようという意図がないこのブログにはこれ以上展開しませんが、m男さんが天涯孤独を味わうことなく、女性との交流を絶やさないようにできたらといつも考えます。
TOTさんのようにセックスライフを存分に楽しめる男性で、かつm男さんというのはごく一部であり、そういうタイプのm男さんはこのブログにやって来ません。
コメントの書き込みがほとんどないのも、私のブログに来てくれるm男さんのタイプを表していると思います。
一方で、S女性の方には是非TOTさんとのやりとりに参加して頂きたいですね。


TOTさんから
今、最後の行まで記して置きながら、携帯の通話終了ボタンでお釈迦にしてしまい、流石に落ち気味のTOTで在ります(笑)
どの事までお答えしたか今現在では読み返せ無いので、足りなかったり、重複していたらすみません。
しかしタイトル欄にも同じだけの文字数が打てる事は新発見で有ります。
(どこまでもポジ

SMで言うと、互いの了解が合っても、カニバリズム的な行為は拒否せざるを得ませんが、考えれば僕の分身拝受は殺戮の無いカニバリズムかな?っと思います。ジョイとも話、同意しました。
食べちゃいたい位に可愛いと気軽に使用しますが、本当に喰っちまったら洒落に成りませんね。
しかし僕も山で遭難したら僕が先に死んだら彼女達に僕を食べてでも生き残って欲しいし例え、生き残れなくとも一つに成る為に食って欲しい。
逆の方が大変かも知れませんが僕も薄れ行く意識の中でも彼女達と一体化したいから食べるかも知れません。
その通常では許されない一体感を求めての分身拝受だと言えば御理解出来るでしょうか?

>????化してしまうと人間便器そのもの 〜

…そのルーティン化させない為に儀式を行う訳です。
勿論M男さんの気持ちも少しは理解出来ます。
違いは?と考えてみれば大同小異かも知れませんがそのフレーバーや味付けで真逆に成り得ますから。
ニ者択一のカレー味の黄金か、黄金味のカレーか?
皆さんはどちらかなぁ?

お相手が望むなら鞭でも蝋燭でも耐えますが、僕は汚い言葉使いが我慢出来ません。
女王様や姫様と言うに相応しい人格や御言葉使いを為されるなら僕は今日からM男を名乗ります(笑)
てめえ!この豚野郎とかまるで女子プロレスラーさんを相手には何の憧れも感じませんから。
その点、ジョイは、バイトS子時代も、極めて上品な立ち振る舞いと言葉使いを心掛けたそうですが普通のMには受けず、仕方無く、安全な黄金を与える役に徹したそうです。
もしこれからのプレイでもそんな感じで責められたら跪いてしまうかも知れませんし、それを望んで居るから余計に彼女の方に惹かれるのかも知れません。
そうなると儀式とプレイの差異が少なくなり統一化も不可能では無いですね。

しかし益々、変わった愛情とか言われちゃいそうですね(笑)

あ!冗談ですよ、先程の説明で御理解頂いて居ると信じて居ますから(笑)

後は女性目線でしたか?

実はコレも米国辺りでは女性蔑視と言われちゃいますから御注意の程を。
何とか此処まで書き直しましたが、まぁ後は叉御質問下さい。
あ!臨場感でしたね(笑)
了解です。
しかし飽くまでもノンフィクションベースで有りますから、大袈裟で変な脚色は逆にシズル感を損なうやも知れませんから難しい所では有りますね。
本当は女性の方々からだけでもコメ頂け
たら盛り上がると思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

クロムハーツ ネックレス

人 本質作る役立つアシスト 厳しく 記事 私は思います状態。 これは、 最初私は頻繁に時間あなたのウェブサイトのページとこれまで?とリンクした|私はびっくりびっくり 研究あなたがする作ら作成 この特定 提出 すごい 。 グレート 仕事 。

クロムハーツ 財布

あなたは、 作ら 一部 素敵細かい点が。私が上で検索しました問題 、見つかっほとんどは 人 あなたのブログでと一緒に行く。

ニューバランス

あなたが実際に が認識あなたは何である{|あなたがいるすべてでこれを共有するために| たくさん束を| 感謝をあなたに感謝 } 話 約 。ブックマークした。 親切 {も|さらにとの上にお話|と議論|訪問| |からのアドバイスを求めると相談} 私のサイト = ) 。我々は可能性がある ハイパーリンク 代替 {契約|契約|アレンジメントの中|間}私たち。

ニューバランス 人気

こんにちは 友達 。私はしたいこのポストと言う驚くべき素晴らしい 、 大書かれており、 が付属 ほとんど全てバイタルに関する情報です。 D ピア |このような記事余分もっと 。

シャネルの財布

グッドサイト 。私は本当に |よく書かれている私の目とデータに簡単簡単それがどのように愛しています。 私がしています私はどのように思ってことができます 場合は、必ず新しい投稿がなされた通知。 私が持っている 、トリックを行う必要があるあなたの にサブスクライブ。日| 偉大な素敵ながあります。

この記事に対するコメント

ではプレイの概念を御説明します。 儀式と同じな箇所も有るかも知れませんが、基本的な心は同じで、よりカジュアルな感覚です。 儀式が二人の契約書とする厳格さを有する、と言うより二人ともに痩せ我慢的で最初の頃には滑稽でどちらからとも無く 笑っちゃう事も有りましたが、良い意味でも悪い意味でも真面目で

僕の手足と僕真ん中の操舵棒はカチカチ。
馴れてる筈のカメラセッティング作業も捗りません。

やっとセッティングを終えてから窓を少し開けて冷え切った外気を取り入れます。
何故?わざわざ?と思われるでしょう!

風呂に湯も張らない浴室では息も白く成る位です。

僕はこの日は素敵な姫を、文字通りお姫様抱っこして入室しました。

姫は黒い眼マスクを着けました。
アングルには注意を払ってセッティングしてますが万が一にお顔が映ると為らないので僕がテレビ局の小道具さんから撮影用として貰って来た物です。撮影用には間違い無いですから。

彼女は黒いエナメルを基調にしたコスチュームを選んで来ました。

実物は見ませんでしたが、事に及び汚したりすると大変ですからと僕も同意の上での選択です。

しかし実際は想像よりもエロティックでした。

衣服は通常隠す所を隠す物。

しかしコレは真逆で豊満且つ形良い乳房は更にその起伏を強調し、サイドのみを伝ったエナメルの紐がウエストラインから面積を狭め妖しく光るエナメルは下腹部には一切干渉せずに彼女の白い肌を更に演出します。

そして肌の白さは下腹部を覆う黒い茂みの艶っぽさを際だ立せます。

僕はもう手足ガダガタ、足はフラつき、心臓は口から飛び出しそうでした。

フラつく身体を彼女の手を借りて、場みったポジションに横に成りました。

鼓動は更に早鐘の様に打たれて居ます。

浴室の照明を落とし、撮影用ライトを彼女自ら点けて貰いました。

浴室の白いタイルをリフレクションして素晴らしい舞台は完成しました。

彼女は無言で優しく僕の髪を掻くき上げ、唇を強く吸います。
エロティックなコスチュームに刺激されたか
彼女は軽く舌舐め擦りした様に見えました。
いや、確かにチロッと朱い舌がセクシーな口元を這ったのを僕は見逃しませんでした。
と、同時に彼女の黒目がちな濡れた瞳が獲物を捉えた牝豹の様に変わるのを。

牝豹はイキなり僕の下腹部の張り裂けんばかりの肉棒を掴み上げ、下に垂れ下がる2つに舌を這わせ、肉棒を扱き上げ始めました。

うぅっと僕が軽く呻くと垂れ下がった2つを白く美しい牙を喰い込ませました。

僕の快感は一瞬にして激しい痛みと化しました。

痛みに堪える僕を横目に肉棒を扱き続けます。

痛みと快感のせめぎ合いが少しの間続くと、僕の脳内に全く違った快感痛と、越えられ無かった壁が姿を…

…続く。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する