リンダSからサットン女史への手紙(ダリルへの反論)

  • 2009/11/11(水) 02:09:13

 ダリルによって発表された話ですが、私は、彼を「誘惑し」、彼に黄金を与えた女性です。
私は、私が利己的な女であると知っていますが、それは、女性優越ということを私に魅力的にするものであり、それは、私を奴隷の男にとって魅力的にするものです。

ダリルは私によって、私が彼の口の中に排便することから特別な戦慄を得る間、虐待されたと感じていますが、私は彼に、彼が望んでいたものを正確に与えました。

私が私の夫と同じ事をするのを見る間に、彼がオルガスムを持っていた時に、彼は私にそれを証明しました。
私は、あなたが黄金についてどういう立場に立つかを知っていて、私は、違った形であなたに納得させようとしていません。
私は数年前大学で極めて服従的な男によってこの行為に導かれ、そして機会があれば、私はそれをしています。


 私にとって女性がその行為によって満足するような、服従的な男が屈辱の雲の上の異空間を漂うような寝取られ男などBDSM行為とこの事(黄金プレイ)に大きな違いはありません。

ダリルは、彼の妻に、私が私の夫にこの行為をしたと言う機会を与えられさえしたけれども、彼はそれを彼女に伝えませんでした。なぜなら彼が私にトイレとして使われたかったからです。

私が私の夫をトイレに使うのを見たあの晩のことで彼をからかいました。
あなたは彼へのあなたの返信で、同意見に至りました。

私は彼を縛りつけたり、彼を強制したりせず、彼は進んで私の黄金すべてを彼の口に持って行き、それを食べました。

彼が私をなめてきれいにする間、私はすばらしい極みを感じました。
確かに私はその後彼を辱めたけれども、それは、たくさんの男が喜ぶことです。
私は、ダリルが言葉の屈辱に反応するであろうと思いました。

私が残念に思うのは、私が実際好きな女性の夫にこれをしてしまったことでした。
私は、彼女を傷つけるつもりでありませんでした。
私はまさか彼がそれについて彼女に話すとは思いませんでした。
私は、私が彼女にこれをするべきでなかったと知っているけれども、彼女が知らなければ、彼女を傷つけなかったでしょう。
私は定期的にダリルを人間便器奴隷に使うことができると思っていました。そしてかの奥さんは決してそれを知ることはないと思っていました。
私は、この事(黄金プレイ)にダリルの服従的な熱意を感じ、ダリルがこれを望んでいたと知っていました。


私は服従的な男が何に陶酔するかを充分経験して知っていますし、彼の奥さんが決して彼を人間便器にしなかったことも知っていましたから、彼の願望を叶えてあげたいと思いました。

 更に話を進める前に、この行為(黄金プレイ)そう易々とすることでないことを貴女に知って欲しいのです。
私は受ける男にとっての健康上の危険性を知っていて、私は、それらが安全にしておかれるとわかるすべての用心をします。
私は、毎日運動する極めて健康な女性です。
私は菜食主義であり、とりわけ、私は浣腸をして、私の腸を勢いよく水洗します。
私はまた毎日プロバイオティックスとしてヨーグルトを食べます。そうすることで、すべてでないにしてもほとんどの臭いを私の便から取り除きます。

私の夫は、私のお尻から食べることが大好きで、私が彼にそうすることを許したならば、ほとんど毎日それをするでしょう。
彼は実際私の便の味を楽しみます。
私がダリルのほかにこれをした何人かの男がいて、多くは、私に、再びそれをしたいと言いました。
ある男はどうぞまた食べさせて下さいといつも見上げて希います。


この男がひざまずき、私に、彼の口の中に大便をするように頼む時に、私が得るパワーの感覚を説明することは難しいくらいです。

彼をトイレに使うことは彼を否定するのと同じくらい多くの楽しみです。


 3または4週間ごとに私を訪問することを許していて、彼が訪問するたびに、ほぼ毎回食べさせている男がいます。
彼は極めてハンサムで、うぬぼれの強い男であり、私は、彼を人の人間便器に陥れることが大好きです。
彼の妻は美しく、洗練された婦人であり、さらに、この地域では社会的に知名度が高い方です。

道で会っても彼女は通常私と会話することはないでしょう、だからこそ彼女の夫を私のトイレとして使っている事実、彼は私にとって、ただの黄金便器以外の何ものでもない事実を愛しています。

これらの男たちは、私から必要なものを得て、私は多数の異なった男を使うその行為から優越感を得て、私のフェティシズムを満たします。
それが私のとっての意義、フェティシズムであり、これらの男たちが便器にされること喜ぶのと同じように私も楽しみます。


 私は何年もの間この活動を行っていて、通常、私と接した男に問題を見いだすことはほとんどありませんでした。
私は美しいお尻をしていて、その前男は興奮とめざめを覚えるのかもしれません。
めざめがなければ、あなたは、男を、人間便器に服従させるはずがありません。


 女性が家、職場、および政治において、より強い権力を得ていることに興味を持っています。それにつれて男たちは服従心をより強くしているように見えます。
ほとんどの服従的な男は、とても美しい女性によって支配されたがっているので、彼らは特権のためなら何でもするでしょう。
彼らはプロの女王様に巨額のお金を支払います。
私は1時間に450ドルをチャージする女性を知っています。
しかし、私はプロではありません。
男が、私に支配されたいならば、彼は、私の要求を満たすことに合意しなければなりません。


 大学生の頃に初めて男に完全なトイレット訓練をし始めたのですが、それは私のボーイフレンドの1人によって私は導びかれました。


彼は、私のお尻を愛していて、私のお尻にご奉仕し、そこから食べさせて頂く以上の要求は何もなこいと私に白状しました。
私は少し彼の要求によってうんざりさせられたけれども、彼のそれへの熱狂は私を説き伏せました。

彼がそれを希うのを聞いているうちに私はかき立てられ、現実に彼にそれをする事は私自身を女神のように感じさせました。

彼は私の贈り物を彼の口に持って行き、熱心にそれを食べました。
彼が私にとても喜んでくれ、私のお尻のお掃除をしながら、何度も何度もお礼を言ってくれました。
彼はまた、私の尿を飲むことが大好きでした。
私は1年以上このように彼を使い、彼を汚物のように扱いました。
よりひどく私が彼を扱うほど、もっと彼は私に、彼を隷従させてくれるよう乞いました。
これが私が支配について学んだ所です。
私は彼を私のトイレとして使い続けながら、他の男の子たちを見ていました。そして、彼が他の女の子とデートするの許しませんでした。
私が公然とデートしていても、彼は私に忠実であり続けました。
私は平手打ちと顔たたきのような他の方法でも彼を支配しました。
彼はまた、私が彼の口と顔につばを吐くことが好きでした。
彼は、私の優越性の性質を見いだした人であり、私はもう振り返りませんでした。

 私が新規に男を便器奴隷に使うときには、初めに彼が私に完全に服従していることを確認します。

私は彼と充分にお話をし、何が彼を服従の世界に滑り込ませたのかを知りました。
私が見つけた1つは、自称「お尻男」が最もよい候補者ということです。

たとえどのようなD/s活動に私達が従事しても、いつも私を男の顔に座らせ、私のお尻の穴をしゃぶるように命令します。

もちろん、私がトイレに行かなくても良いように男を据えて、用を足競るようにしたことは何度もあります。
私が、私のお尻をなめさせるのを満喫しながら、もし催したときには男に私が今何をしようとしているか、はっきりと言葉にして伝えることで、彼を最初に辱めるのは快感です。
彼は、何が来るか、分かっていて、事前に完全に同意することでしょう。
私は彼の許可なしに男の口に排便したことはありませんし、しません。ほとんどは彼の懇願からです。

私のお尻が男のの顔に確実に据えられたときに、私は極めて汚い言葉を吐きます。


私は必ず彼に言います。「お前の舌が私のお尻の中に深く根元まで入っていて、なんて気持ちいいんでしょう。」

そして、私は彼に、「うんちが出そう。でも私折角気持ち良いのにそれを中断したくない。」と告げます。

それから私は彼の陰茎を激しく扱きながら、彼の口の中にうんちをするわよと言います。


私が、彼が動機づけが必要であると思うならば、私はまた彼の陰茎と陰嚢を鞭打つかもしれません。
この時点で、私は彼の髪をこぶしいっぱい掴んで、彼の顎を他方の手で掴みます。
私は彼の顔から少し腰を上げて、彼に口を開くように命じます。
この位置だと、私の脚の間から私のうんちが彼の開いた口に滑り込むのを見ることができます。


 私が本当に新しい男をトイレに使うのを楽しむ間、食べたがっている男を使うのが一番です。
私のうんちを食べる間に、私は多くの男が異空間に深く沈むのを見て、それ以上私を熱くさせるものはありません。

The strongest orgasms I have ever had come from having a man lick my ass clean after I have used his mouth.

私が持っている最も強いオルガスムは、男の口に排便した後、お尻をきれいに舐めさせることからえられます。


 あなたが興味深いと思うかもしれないもう1つの点。
約1年前、私はこの件について私の医師と話をしました。
私は隷従する男とセックスするのを楽しみ、そして私の男は私の奴隷であると医師に告げました。
私は男たちに私のトイレになるよう訓練するのが好きで、私の奴隷たちの健康を確保するために私が受けるべき検査があるか医師に尋ねました。
彼は完全に驚き、私は、私が実際に私の腸を空にするまで、男の口に用を足すと2回言う必要がありました。
彼はこれらすべてをとても不快に思い、最初は、私は、彼に私の秘密を打ち明けることが誤りであったと思いました。
彼はHIVといくつかの他の病気について私を検査しました。
私の検査結果を聞くために彼のオフィスに戻った時に、彼は私に自分を私のど例として受け入れてくれるか、そして私の要求を満たせるように調教してくれるか尋ねてきました。
私は彼に、私の前でひざまずくように命じました。
それから、私は彼に、私のうんちを食べる特権を与えられることを願わせました。彼は熱心に願いました。
私は彼に、考えておくわと言いました。
私はそれ以来彼を数回使っています。

 この屈辱的な方法で私に使われたすべての男の中で、重い病気になったものを知りません。
数年前、胃の病気になったものが数名あり、幾人かは嘔吐しました。
私は、食事内容を見直し、ヨーグルトを食べることで、変えられると思いました。
私の夫が、現在このサービスを喜んで、実行するのを知っています。
男が服従的になればなるほど、彼らの欲求は強くなります。私はこの行為が増えていくと思っています。
現在ネット上にいくつかのスカトロのフォーラムがあり、便器奴隷として女性に使われたい男が女王様を求めてあふれかえっています。
これらのサイトの1つに投稿した女性なら誰でも彼女の黄金を食べたい男によって連絡を受けます。
これはBDSMの中でポピュラーでないかもしれないが、時が経つにつれて、私はそれがもっとそうなると思います。
再び私の一方的な話を貴女におくるをのお許し下さり、ありがとうございます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

クロムハーツ 財布

そっと貴女のお尻の下においてください リンダSからサットン女史への手紙(ダリルへの反論)

クロムハーツ リング

私持っている 読み いくつかの 優れたここでのもの。 確か 価格再訪のためブックマーク。 I 不思議方法はるか | 、設定 努力が試みから作成 この種の 優れた有益サイト 。

クロムハーツ リング

私は間違いなくしたかった書き留め A クイック メッセージ {に|ようにように|に|に急行感謝| |のすべてのためありがとう| |にお礼を言い} とヒント|ヒントやトリック|トリック|方法}あなたは 。私時間集約的な 検索終わりいれ補償素晴らしい素晴らしい事実とテクニックから{交換|行く以上|シェア|話|クラスメートや友人| |親しい友人|私の親友とについて書く同僚|同僚|同行|会社|連絡先|家族|家族や友人|家族は|友人|友人やクラスメート|友人や家族|良い友達|素晴らしい友人|ゲスト|隣人|

ニューバランス 996

壮大 ポスト非常に有益。なぜ 他 実現通知この| |この分野の専門家が専門家は いないしない 。あなたべき |あなたの文章 PROCEED続行を。 私は 自信、あなたがた 巨大を読者の基盤はすでに。

new balance

すべて アイディア発想 あなたがた 導入私はないあなたに投稿するために。 それらは 非常に本当に説得力とすることができます 確か仕事。 それでも 、投稿は非常に 短い 初心者の初心者のために 。 5月よろしけれ長くそれらビット その後の次の時間から?ポストのために| おかげであなたに感謝し 。

シャネル 長財布 エナメル

これは非常に 本当に面白い、 あなたがある非常に熟練したブロガー。 私が持っている あなたのフィードに入社し、より多くのあなたの偉大な優れたの追求を楽しみにしてポストを。また、 私がしました ウェブサイト私のソーシャルネットワークでは、共有。

モンクレール ダウン

そっと貴女のお尻の下においてください リンダSからサットン女史への手紙(ダリルへの反論)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する